開業の判断基準(3)

受験サイトのコラムですので、このテーマは一旦今日で締めにします。

 

開業を悩む方に私が今思うこと。

それは、もっと自由に考えてみても良いのではないですか?ということです。

 

社労士として開業登録をしたとしても、社労士業務だけを行わなければならない決まりはありません。

区分は開業だけれども実質的には週5の勤務という方もいますし、登録だけで一切の業務をしていないという方もいます。

社労士と全く関係のない業種で個人事業を始めるもYouTuberになるも自由です。

それで社労士会から注意されることはありません。

 

要は、社労士としての従来型の業務に固執するから

「やっていけるか?」

と二の足を踏むわけです。

 

開業というのは、より自由度の高い働き方を志向することですから、もっと大雑把に考えて、その上でガムシャラにやってみてはどうでしょう?

社労士の仕事に拘るという場合でも何とかなると思います。

意志あるところに道は開けます。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆