熟成する知識

資格関連の本やサイトなどに、よく合格に必要な学習時間の目安というものが書かれています。

社労士試験の場合、某サイトによれば1,000時間とありました。

 

この時間が正しいのかどうかは私にはわかりません。

当然のことながら、学習の成果は時間だけではなく、やり方や個人の資質によっても異なってくるものだからです。

 

仮に1,000時間で合格できるものとして時間数だけで考えると、この学習時間に1年で到達するも2年で到達するも、合格という結果自体は同じということになります。

しかし、かけた時間数は同じでも、理解度や現場対応力は2年学習した方が上回っているはずです。

 

なぜか?

知識というものは、時の経過によって熟成するものだからです。

 

長年学習している方の中には、総学習時間が数千時間という方もいらっしゃいますが、どうか結果が出ないからとクサらないでください。

知識自体は熟成していますので、あとは巡り合わせの問題ですよ。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆