解答スピードは既視感の違い

本試験では問題をゆっくりと考えて解くということができません(特に択一式試験)。

初めて見る文章で、やたらと長い選択肢が多く含まれている問題を「最後まで解く時間がなかった」ことで不合格になっている方が毎年非常に多いです。

しかし、その一方で2000人以上の方はその問題を最後まで解いて合格しています。

この問題を解くスピードの違いはどこにあるのでしょうか?

 

それは、日頃の学習段階でテキストの記述をきちんと読んでいるか否かの違いにあります。

本試験で出題される長文選択肢の多くはテキストの記述そのものです。

テキストを読むことを厭わないでいれば、本試験で目にする長文が「あー、あれだな」と早く理解できます。

だから合格者の方は問題を早く読めるわけです。

 

テキスト読みを面倒だと避けて本試験に臨む方は、試験会場で目にする文章に前もって触れていないから読むのに時間がかかるのです。

結局はいつ大変な思いをするかの違いです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆