意外と使えるリーフレット

テキストの記述は基本的に条文や判例、通達の文言に忠実に書かれています。

ですので、例えば通達の発出年月日の古いものでは、言い回しや漢字仮名遣いが古めかしく難解に感じられます。

学習に嫌気がさしてくる1つの理由にこの難解さがあります。

 

そこで、テキストを読んでいて難しいと感じられる場合に1つ役に立つものがあります。

それは、一般の方向けに平易な言葉を使ってわかりやすく書かれた官公署等から出ている資料です。

 

「●●● リーフレット」でググってみましょう。(●●●は調べたいものを入力)

検索結果の上の方のサイトを開けば、この資料につながるリンクが見つかると思います。

 

適度に噛み砕いた説明は法改正の内容を掴むのにも最適で、意外とこうしたリーフレットの事例なども試験に出題されます。

受験向けに書かれていない案内資料に目を通すことは一般常識対策にもなりますので、学習に飽きてきたら時折スマホを片手に見ると良いですよ。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆