そもそもの前提となる条件

合格率が1桁という年1の国家試験では、必然として何年受験しても合格できないという方の数が多くなります。

不合格を機に受験から撤退される方も多い中で、今年こそは!と挽回を期して学習を継続されている方が多くいらっしゃいます。

 

敗因分析は人それぞれです。

学習方法、メンタル面、資格の難易度と自身の適性のミスマッチ、等々。

 

そうした中であまり考慮されていないことが、合格に必要な学習時間と自身の可処分時間とのミスマッチです。

働きながらでも合格できる試験とは言いますが、合格者の払っている犠牲は多大なものです。

育児中の方などは睡眠不足から夏にフラフラになっている方もいます。

 

要領の良い短時間学習ツールが揃っていたとしても、合格に絶対的に必要なものは時間です。

自分はバカなのでは?などと自身を責める必要はありません。

そもそもが合格を目指すに必要な連続性のある学習時間を日々捻出できるのかの判断が再受験では大切です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆