絵に描いた餅にしないために

労働施策総合推進法が改正され、企業にパワハラ防止措置の義務が課されました。

中小企業では来年4月からの施行です。

 

いや、改正の趣旨はいいんです。

問題は、これを

「法律が変わったので、これからはこのようにしていく必要がある」

と事業主に理解していただくこと。

ここがいつだって1番の問題です。

 

この法律のみならず、労働社会保険諸法令の全てにおいてそうです。

規模の小さな中小企業では特にそうですね。

 

以前に、三六協定を締結していない事業所で協定書を作成する際に、ちょっと大変な思いをしたことがあります。

労働者過半数代表者の署名が、社長からのパワハラ的な指名によって選任された社員が協定内容の意味もわからないままに書かされたもの。

もう何がマズいのかを説明すること自体が大変です。

 

合格された後に開業の予定はないという方は、ぜひそのお力を現在の会社等を良くすることに発揮してください。

有資格者として、共に連携しましょう。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆