自分のタイプと解答の見直し

自分で言うのも何ですが、私は物事を非常に慎重に進めるタイプの人間だと思います。

このことの社労士試験での長所は、ケアレスミスが少ないこと。

短所は問題を解くスピードが遅いことでした。

本試験では時間ギリギリで全く見直す時間がなかったことから、合格発表までを不安な気持ちで過ごすこととなりました。

 

もしも私に見直しの時間があったならば?

多分、マークミスがないかと問題文の指示の取り違いがないかだけを全問で確認したと思います。

 

つまり、問題の内容自体を見直して他の解答に変えることはしないと思います。

それは、慎重に時間をかけて問題を検討した結果選択した解答だからです。

時間のない中での読み返しを元にした判断で解答を変えることには高いリスクがあると考えていました。

 

問題を解くスピードの速い方では、見返しのポイントが私とは違ってくると思います。

ただしその場合でも、解答を変えるリスクだけは必ず考えるようにしてください。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆