学習のターミナルはテキスト

社労士試験の受験対策は、最終的にはテキストに帰結します。

 

資格スクールの年間講座を受講している方は、直前期に教材が急増したと思います。

その最たるものは、科目別の答練や模擬試験などの演習問題集です。

急増した教材群をうまくこなすことができずに悩んでいる方が少なくありません。

これらをテキストと別物と考えると、学習の負担感と未消化であることへの焦りだけが増えます。

 

しかし、演習教材はあくまでも、素読みによってはなかなか定着しないテキストの内容をQ&A形式で書いただけのものにすぎません。

いわばテキスト外伝です。

 

過去問もそうですが、演習問題の類のものを【アウトプットツール】と考えるから負担が増えるのです。

解かずにQ&Aのポイントを最初からテキストに書き込んでしまえば、これらの内容は【インプットツール】としてのテキストに集約されます。

 

何を学習するにしても、最終的にはテキストの内容が大切だと思えるはずです。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆