法改正の多さをプラスに

毎年相次ぐ法改正の多さと試験での出題に備えた準備。

社労士試験を他の資格試験と比べて面倒と感じるのがこの点です。

 

これは、試験の出題科目が生活関連法規であることの宿命と言えることですが、どうしても学習上の負担感を覚えてしまうことは否めません。

何年も学習を続けている方にとっては、制度がまた変わるので覚え直すという手間がありますし、手持ちのテキストや過去問に修正が必要な部分も多く出てきます。

初受験の方では、法改正事項が多いほど、直前期に学習時間の圧迫を感じることと思います。

 

しかし、受験対策的に見れば、出題可能性という点で的が絞りやすいという利点があるのもこの法改正事項です。

また、頻繁な法改正こそが、社労士資格を今も専門家としての生きた資格たらしめているということができます。

 

法改正事項をただ面倒と感じず、最新の内容に今習熟しようとしているのだとプラスに捉えましょう。

ここにも学習の喜びがあります。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆