再考:他資格受験について

「本試験の日までまだ相当に時間があるので、他の資格を受けてみます。」

社労士受験生にはこうした方が非常に多いです。

 

同じ年の別の時期に、それぞれまだ合格していない試験の受験対策に取り組むこと。

試験結果がそのまま就職に直結しない場合、こうした併願受験は自然なことです。

有意義な資格の所有を目的として、二兎も三兎も追うこと自体は否定されるべきものではありません。

 

しかし、二兎も三兎も追うことによって、逆に思ったような結果が何年も出ていないようであれば…

その方の併願受験は、少なくとも結果という点で見れば、全くプラスになっていません。

 

試験の難易度とやろうとしていることの間にミスマッチがあります。

その方の個人的な事情(学習の時間・方法・能力)とも釣り合っていないようです。

 

どうしても社労士資格に拘るならば、時間があるからといって他の資格の方を見ている余裕はないと思います。

 

…余計なお世話かもしれませんね。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆