あと1回の学習をどこで

試験日までの残り日数を考えると、今ある教材をあと何回学習する機会があるかがわかります。

 

教材を各科目1冊に絞っても、現実的にそう多くの繰り返しはできません。

重要度の高くないテーマにあっては、あと1回しか学習する機会がないかもしれません。

 

そして、今後試験日が近づくほどに、この

【あと1回の学習】

となるものの数は増えていきます。

 

人間の記憶は、それが単純な内容のものであるほど、長くは続きません。

 

となると、【あと1回の学習】をどのタイミングで行うかが非常に重要です。

 

当然ながら、忘れやすいものほど試験日に近接した時期に最後の見直しをするべきです。

試験開始1時間前に見直した数字が、選択式試験で出題されることもあります。

 

今現在の学習は、その【あと1回】をどのタイミングで行うかを配置している過程だという言い方ができます。

 

このように考えれば、今難問や細かな知識に拘っている場合ではないことが実感できると思います。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆
Sponsored Links