試験に強い・弱い人の特徴④

(続き)

試験に強い方には、石橋を叩いて渡るといった性格の方が多いです。

ですので、ケアレスミスが少ないという特徴があります。

 

ケアレスミスが多いことの原因は、問題文をしっかりと読んでいないことにあります。

 

慎重さに欠ける。

思い込みが激しい。

気分にムラがある。

 

こうした態様というのは、ケアレスミスだけでなく、対人対応の1つにも表れます。

 

調べればすぐにわかることを、そうしないで人に聞いてくる。

どうにもならないことに対し、自分の希望や相手への要望を口にすることが多い。

 

あなたの周りにもこのような人はいませんか?

 

このような方が社労士試験を受験すると、かなり苦戦されると思います。

 

試験では、慎重さを持って緻密に努力できる方、

今あるものに自分を合わせられる方が強いのです。

 

試験に合格するためには、試験に弱い方の特徴に当てはまらないようにすること。

日常の生活から雑な部分をなくしていくことです。

 

(このテーマ終わり)

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆
Sponsored Links