マル問の学習の仕方

問題:(労基H28-7-C)

年次有給休暇を取得した日は、出勤率の計算においては、出勤したものとして取り扱う。

 

解答:○

記述の通り正しい。

 

過去問題集でこのような問題を解いた際に、その後で何か+αの学習をしているでしょうか?

 

これが正しい記述であることをテキストに戻って確認する。

 

これは良いことですね。

該当部分に出題年と問題番号を書けば情報の一元化になります。

 

また、他に出勤したものとして取り扱うものを一緒に確認しておくこと。

 

関連事項のチェックですね。

これも非常に大切です。

 

さて、ここからです。

 

この関連事項を確認すると、これと似た内容をどこかで学習したことはないかと気になります。

次にこれを確認しましょう。

平均賃金の算定から除外される期間ですね。

 

こうした確認を次々と行うことによって、知識は芋づる式になって強化されていきます。

 

これは一見遠回りに見えて効果的な方法です。

ぜひ過去問の○問で試してみてください。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆
Sponsored Links