Sponsored Links

マニュアルリスト

百合(小)Chapter 1の「学習開始時に究極のミッションを設定する」で、社労士試験の受験対策は学習の中心を過去問などの問題演習に置くのではなく、テキストに置くべきであることを申し上げました。テキストは時期によって利用の仕方が変わりますが、その位置づけとしては、受験の全期間を通じて常に中心に据えられるべき最…
続きを読む  »

花8(小)「10科目のテキストを完全理解することを諦めた受験生は、学習方法に過去問や予想問題などの問題演習を繰り返すことを選び、それに終始した結果として本試験では合格点がとれていない。」Chapter 1の「学習開始時に究極のミッションを設定する」ではこのことを指摘しました。テキストの完全理解という不可能に近…
続きを読む  »

紫陽花2(小)資格試験や検定試験、大学受験などでは過去問を解くことが最も重要であると言われます。まず、過去問を解くことによって、実際の試験での出題形式や問題の傾向・難易度・分量、頻出事項などがわかります。また、実際に時間を測って問題を解くことによって、時間配分の感覚も身に付きます。他のどんな練習問題集や予想問題集…
続きを読む  »

マーガレット2(小)最近年の社労士試験の問題を選択肢単位で見たとき、それが過去10年間に出題されたものの中からそのまま(もしくは若干の問題文の表現を変えただけで)出題されたというものはどのくらいあるのでしょうか?この過去問リピート率はおよそ2割~3割弱といった程度でしょう。大昔は5割程度もあったと言われるこの割合は、年…
続きを読む  »

ガザニア(小)現在の社労士試験は、過去問を繰り返し解くだけの受験対策で合格点が取れるようになるとは言えません。それでは、どのような対策をとったら良いのでしょうか?【1】テキスト→過去問→テキストの大きな流れで学習すること【2】過去問を数回転する際は、その都度使い方を変えること 結論としては、この2つのことを意識し…
続きを読む  »

蓮華Chapter 2の「独学者の学習教材の選択はここに注意」(→㊤と㊦に分けて記載)に続き、次は選択した教材をどのように使って学習を進めていけば良いのかについて書いていきます。まず、学習の中心となるテキストですが、これはどれを選択したとしても内容的には相当のボリュームがあります。情報量がコンパクトない…
続きを読む  »

シバザクラ(小)「過去問学習は未来問を考える発想で」の項では、過去問の効果的な使い方の1つとして、出題された内容をテキストの該当箇所に書き加えるということを挙げました。テキストに過去問の出題部分やひっかけ論点をマーキング・転記するこの情報の一元化を行う理由は、大きく分けて2つあります。① 一元化により、後のテキスト…
続きを読む  »

コスモス(小)この項と次の㊦の項の2回で、過去問題集を中心にその内容をテキストに集約する‟情報の一元化”の具体的な方法について説明します。基本的な方法としては、現在使用している過去問題集に収められている問題を、出題実績としてテキストの該当記述部分にマークします。例えば、条文がそのまま出題された場合など、テキストの…
続きを読む  »

チューリップ2(小)㊤の項に引き続き、過去問情報をテキストに一元化する方法について説明していきます。過去問の中には複数の論点を組み合わせて1つの選択肢が作られたものがあり、その論点が記載されたテキストの箇所が複数の異なるページにある場合(科目をまたぐ場合もあり)があります。このような場合は、それぞれのページの該当箇所の…
続きを読む  »

イワシャジン(小)「過去問は何年分をやれば良いのだろうか?」という疑問は、多くの受験生が1度は感じるところです。肢別の過去問題集の場合、市販の書籍では収録年数が7年分や10年分というものが一般的ですが、予備校によっては講座生向けに20年分の問題を収録しているものまであります。「7年分では足りないのではないか?」「10…
続きを読む  »

スズラン(小)受験生が日々の学習の中心に置いている過去問題集は、科目別・肢別に編集された択一式試験対策のものです。この問題集は、各科目のコアとなる知識を身につける教材として「過去問学習は未来問を考える発想で」の項で述べたような使い方でこれを3~4回程度は利用して、自力正答率を高めていく必要があります。しかし、この…
続きを読む  »

カルミヤ(小)過去問学習では解く年数や正答率、繰り返す回数に拘るのではなく、過去問を素材と考え今後の出題に備えて汎用性のある論点を汲み取ることに注力するべきです。(⇒参照:「過去問学習は未来問を考える発想で」「過去問は何年分をこなせば良いのか?」「過去問正答率の目標をどこに置くか?」)こうした観点に立った上でこの…
続きを読む  »

ハナズオウ(小)㊤の項に引き続き、過去問を通して論点を汲み取ることの意義を考えていきます。次の問題も同じく、労働基準法の択一式試験の過去問からです。労働基準法 平成25年度 問6-C 使用者は、期間の定めのある労働契約であって当該労働契約の期間の満了後に当該労働契約を更新する場合があるものの締結の際に、労働者に対し…
続きを読む  »

水草(小)社労士試験の受験準備において、過去問という言葉が用いられるとき、一般的にそれは科目別・項目別(または条文順)に編集された択一式の過去問題集(以下では「択一式」とします)のことを指します。この問題集は、これと同じ出版元からテキストが刊行されている場合には、テキストの構成に準拠した問題収録順となっている…
続きを読む  »

八重桜(小)ここでは、模擬試験や市販の模試本(以下では模試とします)をツールとして利用する際の注意点について述べたいと思います。一般的に、受験生は模試の結果を「本試験での得点を占う指標」として捉える傾向にあります。そこで最初に、択一式で45点、選択式で30点などと得点目標を立て、時には模試対策の学習を積んでから…
続きを読む  »

花13この項と続く㊦の項の2回で、本試験まで残り1か月を切った時期に、その年に実施された模擬試験を使って全科目を学習する方法について説明します。(⇒参考:Chapter 2「模擬試験教材を学習の主軸に据える」)この時期の教材に模擬試験を用いることの最終的な目的は、出題可能性の高い論点とその関連項目の正確な…
続きを読む  »

木㊤の項から続きます。超直前期の学習(総復習)の中で行う最終暗記事項のリスト化作業について、具体的に説明します。まず初めに、この作業は、・試験日当日に記憶を引き出すことが困難だと思われる事項・何度やってもすぐに忘れてしまう頻出暗記事項(特に数字)を対象として行います。例えば、雇用保険法の所定給付日数、…
続きを読む  »

 

«  ホームに戻る
Sponsored Links

合格の日までの自己学習をサポート

HIGH HOPES ② 2019.9

無料メルマガ登録(特典動画付)

まずはここからスタート

メール講座②2019.9
*お名前(ハンドルネーム可)
*メールアドレス
・@を含んだ形式で、半角でご入力ください。
・迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「pass-manual.com」をドメイン指定受信に設定してください。
・登録後直ちに自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーに振り分けられている可能性があります。ご確認ください。