Sponsored Links

マニュアルリスト

白菊(小)例年、6月~7月にかけては、予備校他の多くの受験機関で模擬試験が実施されます。本試験と同様に、他の受験生に囲まれた中で初見の問題を本番と同じ時間帯に解くという、まさに模擬的体験ができる場として、会場で受験される方も多くいらっしゃるでしょう。また、模擬試験は自宅で受験する場合にも、問題を解く順番や各科…
続きを読む  »

ブーゲンビレア(小)模擬試験や答練、過去問など、五肢択一式の問題演習を行う際には、その問題に書かれている情報のみから正誤を判定して解答を選ぶということを、日頃から徹底して訓練しておく必要があります。受験生の中には、この認識と訓練のないままに本試験でも”変わった思考過程”を経て解答選択肢を選び、その結果誤答を重ねていると…
続きを読む  »

花19(小)本試験では、どの科目順で問題を解いていくかによって得点結果が異なってくることがあります。この点に関して、私が推奨する解き順というものは特にありません。自身の得意・不得意科目ややりやすさに応じて、本試験の前までに「自分はこの順番でいく」という型を決めておくのが良いと思います。この型を作るための試行錯誤…
続きを読む  »

ムスカリ(小)どれほど普段実力のある受験生であっても、本試験での時間管理に失敗すれば全てはそこで終わります。そこで、ここでは時間管理について考えていきます。まず、8科目・80分で実施される選択式試験は、時間的に割りと余裕があります。労働基準法や労災保険法からの出題に時間のかかる長文のものが目につくものの、他の科目…
続きを読む  »

花22(小)当然のことではありますが、本試験でいくら問題が解けたとしても、それを適切な箇所に正しくマークしない限りは合格者になることができません。毎年あと1点足りずに不合格となる方が多く出ることを考えれば、意図せぬ誤り=マークミスはこれを絶対に防がなければなりません。そこで、この項ではマーク記入に関しての注意点…
続きを読む  »

アジサイ(小)社労士受験においては、他の法律資格の学習においては半ば当然とされている「条文にあたる」ことの重要性がそれほど主張されません。私自身、個人的には受験六法などを必須のものとは考えておりませんが、テキストに記載のある条文については、これをきちんと読み込むが極めて重要であると考えています。この重要性は、とり…
続きを読む »

ビオラ(小)㊤の項では、テキスト等で条文をきちんと読むことを軽視すると、条文表現がそのまま選択式試験で出題された場合に対応が困難なものになるということを、雇用保険法の平成23年度の試験問題を題材に説明しました。今度は平成26年度の問題を見てみます。雇用保険法平成26年度選択式試験C~E 雇用保険法第56条の3第…
続きを読む »

アカヤシオツツジ(小)平成30年度の国民年金法の選択式問題は全体正答率が低く、2点への基準点引き下げが行われました。この問題では、ある共通の誤り原因が多くの受験生に見られました。国民年金法平成30年度選択式試験DE 昭和16年4月2日以後生まれの者が、老齢基礎年金の支給繰下げの申出をした場合、老齢基礎年金の額に増額率を乗…
続きを読む »

 

«  ホームに戻る
Sponsored Links

合格の日までの自己学習をサポート

HIGH HOPES ② 2019.9

無料メルマガ登録(特典動画付)

まずはここからスタート

メール講座②2019.9
*お名前(ハンドルネーム可)
*メールアドレス
・@を含んだ形式で、半角でご入力ください。
・迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「pass-manual.com」をドメイン指定受信に設定してください。
・登録後直ちに自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーに振り分けられている可能性があります。ご確認ください。