頑張れる力の源泉になるもの

「学習をやらなければいけないとわかってはいるけれども、なかなかその気になれない。」

 

このような状態が何日も続くようであれば、まず、自分が何のために社労士の資格を取りたいのかを考え直してみるべきです。

 

そうした場合は、資格取得のための学習にさしたる理由がないのではないかと思います。

そのことが良くないと言っているのではありません。

ただ、理由がない状態では今を頑張ろうという力にはなりにくいのではないか?ということを言っています。

 

疲れているのに、眠いのに、来る日も来る日も机に向かうということは、資格を取得することで得られる「何か」が魅力的なものであるからできることです。

そして、このことができない限りは合格するということはまずありません。

であれば、その「何か」を作りましょう。

 

私なんて、今のような受験指導がしたくて資格を取得した変わり種です。

資格取得のための理由は何でも良いのです。

今作りましょう。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆