Sponsored Links

マニュアルリスト

孔雀アスター例年10月を迎える頃になると、そろそろ来年の試験のことを考えていかないと…という方が増えてきます。これから初めて学習を開始しようという方、11月の合格発表を待たずして自己採点結果から再受験を余儀なくされた方など、様々な方がいらっしゃいます。この10月という時期は、予備校等の受験機関で来年度受験向けの…
続きを読む  »

マグノリア(小)本試験を1度以上受験された経験のある方が学習を再開するに当たっては、これから学習する内容の全体像を既に把握できているということが、1つの大きなアドバンテージになります。この全体像のイメージを持って「今度こそは合格を!」と意気込んで学習を始めるわけですが、この学習再開時において最も大切なことは、次の試…
続きを読む »

アカシア社労士試験の受験学習の全体スケジュールを大まかに示すと、まず、10月~翌年3月(4月)が出題10科目を順に学習していく基礎学習期に当たります。次の4月(5月)~7月が、全科目の記憶の回復とメンテナンスを意識しての科目スクランブル学習を行う発展学習期です。受験予備校で答練、横断整理といった直前対策講座…
続きを読む  »

アセビ例年12月下旬から1月上旬にかけては受験予備校が年末年始の休校となり、この間は社労士講座の講義も行われないこととなります。受験生としては、比較的にまとまった学習時間のとれるこの年末年始の期間に、これまでに学習した科目の復習の固め打ちをしておきたいところです。予備校利用者の方は、10月の講座開講から3…
続きを読む  »

ラベンダー2(小)「もし明日が社労士試験の当日で、今から寝るまでに2時間の学習時間があるとするならば、ここで何を学習しますか?」あなたがこのように問われた場合にはどう答えますか?テキストで不安の残る部分の見直し、何度やっても間違える過去問の復習、横断整理本の表の暗記など、答えは人によって様々でしょうが、このように試験…
続きを読む  »

花18(小)3月に入り、全10科目の学習がそろそろ一巡しようかという頃になると、受験生の間ではこの一巡した後の学習をどうするかということが話題に上るようになります。そこで、ここでは4月以降の学習として多くの受験生が受講を検討する、各予備校の直前対策オプション講座(模擬試験を除く)の選択についての考えたいと思いま…
続きを読む  »

花桃2(小)「予備校のオプション講座受講に対する考え方」の項に引き続き、今度は例年6~7月頃に実施される各予備校の模擬試験(以下は模試と略)について述べます。ここではまず、模試を受験することの意味について考えてみます。模試を受験する目的として考えられるものは一般的に次のようなものです。① 本番と同じ時間帯に本試…
続きを読む  »

花17(小)予備校の一般的な年間講座を例に挙げると、3月~4月末までに全10科目の基礎講座が終了します。ここから先は2巡目の学習として直前対策の種々の講座が始まるわけですが、どの学校でどの時期にどの講座を受けられる方であっても、こと自宅学習においては1つ注意していただきたいことがあります。それは、知識の忘却対策…
続きを読む  »

紫陽花1(小)各受験機関では7月に入ると、模擬試験が毎週のように実施されます。この模擬試験は、得点やウィークポイント、問題の解き順やペース配分など、受験後に振り返るべき点が多々ありますが、もう1つ受験生の方に必ず振り返っていただきたい点があります。それは、夕方5時まで集中して問題を解くということができたか?という…
続きを読む  »

花9(小)7月の最終の土日が終わりますと、各予備校の模擬試験は概ね終了を迎えます。本試験まで残り1か月を切り、予備校の講義も残りわずかとなったここからが、まさに自分主体で学習を計画的に進めていかなければならない時期です。自分主体での学習となると、「残り1か月弱のこの短い期間に一体何を学習すればよいのか?」と迷…
続きを読む  »

ムスカリ(小)労働基準法(以下「労基」と呼びます)は選択式試験で1問(労働安全衛生法と併せて配点が5点の出題で、労基の配点は3点分)、択一式試験で7問が出題されます。多くの受験機関で受験生の学習モチベーションの高い初期に学習すること、年次有給休暇や時間外手当などの社会人にとって身近な内容を学習することから、比較的…
続きを読む  »

花11(小)労働安全衛生法(以下「安衛」と呼びます)は選択式試験で1問(労働基準法と併せて配点が5点の出題で、安衛の配点は2点分)、択一式試験で3問が出題されます。多くの受験生が、その技術的・現場作業的な用語への馴染みのなさから「実感が湧かない」と戸惑いを感じる科目です。また、出題数の少なさに比例して予備校等で…
続きを読む  »

花4労働者災害補償保険法(以下「労災」と呼びます)は選択式試験で1問、択一式試験で7問が出題されます。また、労働保険徴収法の択一式試験も3問分は労災の範囲からの出題です。この科目は総じて、簡単な問題と難問との差が激しく、なかなかに受験生泣かせの科目であると言えます。難問となってしまう原因としては、業務災…
続きを読む  »

モクレン雇用保険法(以下「雇用」と呼びます)は選択式試験で1問、択一式試験で7問が出題されます。また、労働保険徴収法の択一式試験も3問分は雇用の範囲からの出題です。この科目の特徴を一言で言えば、とにもかくにも暗記事項が多いことに尽きるでしょう。社労士試験で暗記事項が少ない科目というものはないと言って良いので…
続きを読む  »

花桃(小)労働保険料徴収法(以下「徴収」と呼びます)は現在まで選択式試験での出題はなく、択一式試験で労働者災害補償保険法(以下は「労災」)の範囲から3問、雇用保険法(以下は「雇用」)の範囲から3問の計6問が出題されます。科目の特徴としては、まず、労働保険料の徴収という事務手続を規定している法律であることから面…
続きを読む  »

花10(小)健康保険法(以下「健保」と呼びます)は選択式試験で1問、択一式試験で10問が出題されます。この健保と国民年金法(以下は「国年」)、厚生年金保険法(以下は「厚年」)の3科目が、択一式の10問出題科目です。配点比重が択一式の30/70、選択式の15/40を占めるこの社会保険3科目の攻略こそが、社労士試験…
続きを読む  »

菜の花(小)国民年金法(以下「国年」と呼びます)と厚生年金保険法(以下「厚年」と呼びます)の2科目は、それぞれ選択式試験で1問、択一式試験で10問が出題されます。配点ウェイトの高いこの年金2科目は、その出来が試験の合否に大きな影響を与える基幹科目です。本試験ではここで大きな失点をしないようにしなければいけません…
続きを読む  »

リナリア労務管理その他の労働に関する一般常識(以下「労一」と呼びます)は選択式試験で1問、択一式試験で5問が出題されます。択一式における科目別最低基準点(4点)の判定は、社会保険に関する一般常識(以下は「社一」)の5問と合わせた10問の得点で行われます。この科目は、受験生にとって、そして講師にとっても何とも…
続きを読む  »

梅社会保険に関する一般常識(以下「社一」と呼びます)は選択式試験で1問、択一式試験で5問が出題されます。択一式における科目別最低基準点(4点)の判定は、労務管理その他の労働に関する一般常識(以下は「労一」)の5問と合わせた10問の得点で行われます。出題内容ですが、択一式では法令分野からの出題が多く、こ…
続きを読む  »

花5(小)労務管理その他の労働に関する一般常識と社会保険に関する一般常識の2科目では、各種の労働統計資料、白書から毎年数問が出題されます。社労士試験の出題の中心は法令や最高裁判例、行政通達です。これらへの対策とは全く勝手の違うこの統計・白書分野への対策に頭を悩ませていらっしゃる受験生の方が多いと思いますが、こ…
続きを読む  »

花3労務管理その他の労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識の2科目で出題される統計・白書問題。この厄介な問題への対策は、具体的にどうすれば良いのでしょうか?まず、出題範囲の網羅性は考えず、自身で決めた受験機関の提供する教材1冊(独学者ならば、市販本1冊)に学習対象を絞ります。 情報収集力の高い受…
続きを読む  »

 

«  ホームに戻る

Sponsored Links

まずはここからスタート

メール講座②2019.9

無料メルマガ登録(特典動画付き)

*お名前(ハンドルネーム可)
*メールアドレス
・@を含んだ形式で、半角でご入力ください。
・迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「pass-manual.com」をドメイン指定受信に設定してください。
・登録後直ちに自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーに振り分けられている可能性があります。ご確認ください。



合格の日までの自己学習をサポート

HIGH HOPES ② 2019.9