改めて資格取得の意義を

資格取得の意義については様々な言い方がされますが、最も大きな意義は、資格取得によって自分への自信が得られること。

このことにあると思っています。

 

難関を突破した。

努力が結実した。

やればできることを実証した。

 

こう感じられるようになることで、また新たなことに取り組もうという意欲が生まれる。

そして、それもまた何とかなるはずだと思えるようになる。

人生を前向きに、より豊かに送れるようになるその1つのキッカケが資格取得なのだと思います。

 

この意味では、資格受験で学習した内容をその後に活かせるかどうかということは、あまり問題ではありません。

自信を得るキッカケなのですから。

資格の種類は何でも良く、もっと言うならば、そのキッカケは資格である必要もありません。

 

社労士資格を取得できないことでどんどん自信を失っていくようであれば、自信を得られる他の手段に切り替える。

こうした臨機応変さが人生を豊かにするものと思います。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆