資格学習で重視するものの錯誤

楽しく学習ができて、それで合格することができれば、これが1番良いことであることは言うまでもありません。

しかし、楽しさと結果の一方を重視するとなると、あなたはどちらに重きを置きますか?

 

「そりゃあ、もちろん合格することだよ。」という方は、取得した資格を活かした何かをその後の生活プランの中で考えていらっしゃる方でしょうか?

「合格できるに越したことはないけど、それ以上に学習することの充実感だよ。」という方は、資格の学習を通じてのレベルアップということがやりがいになっている訳ですね。

このあたりの価値観は人それぞれで、正解も不正解もありません。

 

しかし、合格が至上目標だという方が、楽しいばかりで結果が何年も伴わないという場合には、学習手段の見直しが必要です。

その楽しさが知的好奇心からくるものではなく、単に面白おかしいという類のものである場合は特にそうです。

それは、合格することが目的になっていないのです。