学習が先か遊びが先か

この4連休はどこに行っても人が多いですね。

受験生の方の中には既に学習を開始されている方もいらっしゃれば、スクールの講座開講を前に英気を養っている方もいらっしゃることでしょう。

 

学習するにせよ遊ぶにせよ、メリハリというものが大切です。

これは資格試験の学習に限ったことではありませんね。

 

私は受験生時代、毎週土曜日の午後以降の時間は完全に自由に過ごすと決めていました。

この時間を学習していたのは本試験の前日だけです。

 

仕事でもないのに一切学習しない時間帯を長く作ることは、直前期には勇気がいりますが、逆にこの時間帯を作れるように集中して取り組むことができたと言えます。

平日も毎日1時間だけは趣味の時間を作って、それから寝るようにしていました。

 

学習時間の余りで遊ぶのではなく、まず遊ぶ時間ありきで、残りの時間で学習をどう効率的に進めるかという考え方です。

長丁場となる受験対策のポイントは「計画的な弛緩」です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆