ネガティブパワー

世の中というのは、明らかにおかしいとは思いながらも、それを我慢して苦々しく受け入れているという部分が多々ありますね。

 

例えば、会社。

相手が目上の立場の人ならば、ノーを言ってはいけないのでしょうか?

言うと立場がマズくなるから甘受する?

そもそも、その目上の人というのは自分よりも本当に優れているから目上なの?

家族のために、生活があるからと、良くないと思うことでも仕事だと割り切って遂行する?

陰ではボロクソに言うけれども、表面では愛想笑いで機嫌を損なわないように振る舞う?

 

おかしいですよね。

子どもに説明ができません。

でも、多くの場合は、そうしたくてもできないんだよ!となるのですね。

半沢直樹が大ヒットするわけです。

 

身近な例を思い出して身体がカッカとしてきませんでしたか?

 

そうです。

あなたのその思いが資格を取得しようというパワーになります。

資格を取得した後には、私のように職場を去るという選択肢も生まれますよ。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆