加齢で記憶力は高まります

昨日Twitterにも書きましたが、

「若い頃に比べて記憶力がなく、なかなか覚えられない。」

という類の言葉を耳にすることがあります。

 

なるほど。

日常生活において、物忘れや人の名前が咄嗟に出てこないということはあるでしょう。

しかし、加齢が社労士試験で得点力が上がらないことの理由にはなりません。

 

記憶ができないのは単なる反復練習不足。

つまり、勉強不足です。

 

小学生は九九や卒業式の呼びかけの言葉を覚えるのに何十回と練習をします。

子どもばかりではありません。

例えば、資格スクールの講師の方には中高年齢者が多いと思いますが、合格時よりも講師になってから、そして講師歴が長くなってからの方が記憶力が高まっているはずです。

 

年齢を重ねても、学習の繰り返しは記憶力の衰え(?)に勝るのです。

そもそも記憶力だけで勝負するという発想が違います。

 

できないことの理由は頭脳の性能にはありません。

単に学習が足りていないだけです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆