スクールの別に関係なく

3連休明けの今日からまた仕事が始まるいう方も多いと思います。

社会人の受験生が圧倒的に多い社労士試験。

今はもっと学習に時間を充てたいと思いながらも、受験とは全く関係のない生活に戻らなければいけません。

 

これは当然のことですが、自分が国家試験の超直前期にある受験生であるといった事情は第三者のあずかり知らぬところです。

仮にそのことが理解されているとしても、それで何らかの配慮を受けられることは少ないでしょう。

 

そもそも、資格試験を受験中だといっても、それは第三者にとっては高尚な趣味としてしか捉えられていないことが多いのです。

その意味で、資格受験生は少数派であり孤独です。

 

しかし、少数派ではあっても今同じ志を持つ方が全国に数万人もいます。

私もまたかつての少数派であり、現在も受験に携わる少数派社労士です。

スクール等の別に関係なく、心の連帯を強めましょう。

 

本試験まであと12日となった平日の始まりに思います。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆