忘れているのは当然のこと

「試験直前なのにこんなことも忘れているなんて!」

今の時期は、自身の学習の粗(あら)がこれまで以上に気にかかります。

まだ覚えていないものの数の多さに愕然とし、極度に焦り、イラ立ち、もっと早くから真剣に学習していれば…と後悔して自分を激しく責める気持ちにもなります。

 

しかし、待ってください。

過去に合格された方が、試験直前にそんなに何もかもが完璧にできていたと思いますか?

 

絶対にそのようなことはありません。

だって、合格者でも本試験で3割も間違えているのですから。

今の時期にはもっと知識があやふやだったはずです。

 

また、自分がまだ覚えていないというものでも、それが本試験で出題されなかったならば、何の問題もないのです。

覚えていない1つ1つの事項は、出題されるよりも出題されない可能性の方が遥かに高いはずです。

 

ここで意気消沈する必要などありません。

講師である私だって時間が経つと忘れてしまうものなのですから。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆