あなただけは過程を大切に

「人は過程を見ずに結果だけを見る。」

 

これはある意味で確かにそうです。

履歴書には最終学歴や所有資格を書く欄はあっても、その取得までの履歴を書くことは求められていません。

社労士の提出代行印があることでの一部事務手続の簡略化も、資格という結果があってのものです。

 

結果だけが評価されて、過程には目も向けられない。

私たちはこのことに非常に悔しい思いをします。

 

私で言えば、人より3年も遅れて大学を卒業したことや、社労士を受験する前に3回不合格になって諦めた試験があること(司法試験ではありません)が話題になることはありません。

しかし、この悔しい日陰の過程があって、その後の連続性の中で今があります。

 

社労士試験になかなか合格できないことに悔しい思いをしている方。

今の状況にクサらないでください。

あなただけは現在の過程を大切にしてください。

 

あなたが今後受験を継続するにせよしないにせよ、人生は必ず好転します。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆