学習時間のかけどころ

社労士試験の出題科目は、得点力との関係で大きく2つに分かれます。

1つは、ある程度の得点力がつくまでにあまり時間はかからないけれども、その後が伸び悩む科目です。

そしてもう1つは、逆に得点力がつくまでに時間はかかるけれども、その力を長く安定的に発揮できる科目です。

大雑把に言えば、前者が労働科目で後者が社会保険科目です。

 

一般的なスクール等のカリキュラムでは、労働科目→社会保険科目の順に学習が進行します。

習得に時間のかかる社会保険科目の始まる時期が年明けで、一通りの学習を終える時期が4月頃。

ここからようやく得点力強化に必要な反復に入るわけですから、当然の帰結としてタイムアップになる訳です。

 

初学の方は別ですが、経験者の方はこの点を踏まえて今のうちから社会保険科目の自己学習を始めることがリベンジに向けての方策になります。

使用する教材は昨年のもので構いません。

時間のかけどころは社会保険科目にあります。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆