長期受験生の打開策

Aという過去問題集を使って学習をしているとします。

繰り返し解くことで正答率は90%近くにまで上がりました。

ここで今度はBという過去問題集を使って正答率を測ると、多くの場合は下がっています。

AとBの収録問題が完全に一致しているとしてもです。

なぜでしょう?

 

これは、Aの繰り返しの中でだんだんと問題を読まなくなっているからです。

問題の配置的な記憶や過去の経験で解答するようになっていて、考えることをしなくなっているからです。

だから知識が深まらず、レイアウトが変わるだけで問題に間違えます。

 

実はこの傾向は受験経験の長い方によく見られます。

特に1つの教材の改訂版を毎年買い換えて使っている場合です。

 

別にそのことが悪いというわけではありません。

ただし、その場合は毎回しっかりと読むということを意識する必要があります。

愛着や拘り、ファン気質で学習していると感じるならば、思いきって使用教材を変えてみることです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆