ベテ?それがどうした?

2浪1仮面浪人の3年遅れで大学を卒業。

このときの経験が、今も受験と名のつくものに関わる私の原点になっています。

 

大学に行く目標を見いだせず勉強をしない進学校の落ちこぼれ。

プライドだけが高く、口だけが達者だった無職時代と予備校生時代。

不本意ながら滑り込んだ大学に半年も通わず転学を決意したのは、中途半端な自分が嫌だったからでした。

 

決着がつくと自分が変わりました。

しかし、今度は就職に目標が見いだせませんでした。

大学受験の業界で仕事をする気はありませんでした。

 

新しいことがしたい。

なんとなく入った会社での日常に馴染めない私の選んだ道が資格受験でした。

しかし、最初に選んだ資格は3度受験して不合格となり、自分に向いていないと断念しています。

その後、地元に帰って専門学校の先生となり、8年目にして社労士試験の受験を思い立ちます。

 

人生はどこからでもやり直しが利きますし変わります。

受験何回目とか関係ないですよ。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆