時間割学習法のすゝめ

一般的に資格スクールのカリキュラムは、週に数回通学する社会人受験生を念頭に1科目ずつ講義が進行していくものになっています。

膨大な学習内容を、数日に1度の限られた講義回数で試験日までに余すところなく伝える。

日数間隔の空く講義の連続性と初学の方の学習負担を考えれば、進行が1科目ずつとなることはやむを得ません。

Webを利用した通信のカリキュラムにおいても、この進行スタイルは維持されています。

 

ただ、これらの事情は合格に必要な情報を提供する側の話です。

情報を受け取る受験生の側の自宅学習において、学習を1科目ずつ進めていかなければならない理由はありません。

初学の方は別ですが、受験経験者はむしろ最初から多科目の学習を同時進行させることが理にかなっています。

 

私達が長く馴染んできた学習スタイルは、小中高の時間割に代表される多科目同時進行スタイルです。

連続性のある日々の自宅学習だからこそ、これが可能です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆