合格までの受験回数

私は社労士登録をしてから5年半程になりますが、これまでに他の社労士の方々と接する中で試験合格までの受験回数が話題になったことは1度もありません。

聞かれたこともないですし、私自身が尋ねたこともありません。

というか、そんなことには興味もありません。

 

同業者同士の会話の関心が、社労士になる前の過去の事柄などには向かないというのは当然のことです。

その意味で、合格するまでの受験回数に関心があるのは、まさに今を戦う受験生だけです。

そしてそこでは、受験回数は少ない程良いという価値観が尊ばれています。

 

俗に言う資格ゲッターの方ならともかく、目標があって社労士になりたいという方は、今すぐにそんな価値観など捨ててください。

社労士になって研修会で「自分は8回目でやっと…」なんて恥ずかしそうに言っても反応薄いですから。

資格に全く興味のない方からは、合格までの受験回数が多い方が逆に「頑張られましたね〜」と尊ばれますよ。

 

      
にほんブログ村    社会保険労務士ランキング

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆