それ、全くいらないです

合格までの期間を必要以上に長引かせる要因の1つに、過去の経験に対する自負というものがあります。

 

例えば

「自分は○○の試験に合格したのだから(試験合格のコツは理解している)」

というものです。

 

「□□大学の受験のときはもっと大変だった(から社労士試験もなんとかなるでしょ?)」

というのもそうですね。

 

「自分には実務経験があるからある程度は聞いてわかる(ので、実務ベースで疑問を感じてしまう)」

というのも、過去に対する自負と言えます。

 

ハッキリと申し上げましょう。

こうしたものは合格のために必要ありません。

むしろ、こうした自負がジャマをして、学習対象に真摯に向き合うことから自身を遠ざけている節のある方も見受けられます。

 

他資格の合格経験や科目免除に至らない程度の実務経験は、社労士試験では何のアドバンテージにもなりません。

同様に、過去の経験に対するトラウマも関係がありませんので、これもすぐに捨てることが必要です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆