プロ受験生としての矜持

プロのスポーツ選手は必ず自分が成功するイメージを持って練習するといいます。

最も早く駆け抜けるイメージ、高く飛べるイメージ、大きな歓声に包まれているイメージ。

自分が転倒したり、組み伏せられたりするイメージを持って試合に臨む選手などいないでしょう。

しかし、これが資格試験という机上競技になるとどうでしょう?

 

個人差はありますが、年間を通じて成功するイメージを殆ど持てないままに恐る恐る試合に臨んでいる方の多いこと。

全然覚えられなくて…

どんどん頭の中から抜けていって…

模試のショックから立ち直れない…

 

こんなことばかりを言っていて、それで何故か本番だけはうまくいくなどということなど起こりようがないですよね?

これは地表を見て綱渡りをしているのと同じです。

 

合格という名の成功を求めるのであるならば、まずはプロの受験生になることです。

プロとしての気の持ち方で自らの行動が変わり、運気が、結果が変わってきます。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆