テキストの上手な読み方

テキストがうまく読めないという方が多いです。

テキスト読みは過去問学習だけでは凸凹になる知識の穴を埋めるものとして、また、選択式対策としても必須です。

ただ、その分量の多さ故に、読んでいてもすぐに眠くなってきて、これが遅々として進まないという訳です。

 

そうした方は、眠くなるような読み方をしているのではないでしょうか?

今日はテキストを読むぞと決めて、これを独立した学習として新書や小説を読むように通読しようとしていませんか?

それでは眠くなってきても当然ですし、頭にも入ってきません。

 

テキストを上手に読むコツは、過去問の問題解説にあたる部分を探して、その記述の色字や太字の部分に目を留めるようにすることです。

そして、ここが大切なのですが、それを何回も繰り返します。

つまり、同じ箇所の拾い読みの反復です。

 

重要箇所を探す過程で全体をサッとは眺めているものですよ。

時間のない社会人にはそれなりの読み方があります。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆