自由人

何時に寝て何時に起きようが自由。

寝不足で集中できないときはいつでも昼寝ができる。

自宅で仕事ができ、通勤がいらない。

混んでいる土日を避けて、平日に買い物ができる。

日中に酒を飲むのも音楽を聴くのもジムに行くのも仕事の段取り次第。

誰からも仕事の指示をされず、報告もいらない。

煩わしい人間関係や付き合いがない。

何を仕事にするかを自分で考えて決めることができる。

時間に縛られず、納得のいくまで仕事の完成度を高められる。

独占業務があり、有資格が条件である仕事ができる。

固定給も一切の保証もない代わりに、頑張り次第でどこまでも収入を伸ばすことができる。

 

このような話を聞いて自分もそうした生活を送りたいと思う方。

 

社労士試験に合格して開業することは、今の大変な受験生活を頑張るための大きなモチベーションになると思います。

そうであるならばもっとできるはずです。

 

(注:私がこうした生活をしているということではありません。)

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆