やってはいけないこと

受験生の方に毎年1度は必ず申し上げていることがあります。

それは、ペーパーテストの資格試験を受験すると決めた以上は、絶対に自分を卑下してはいけないということです。

ダメ自慢もいけません。

 

合格に向かうベクトルと逆向きのこうした発言は、百害あって一利なしです。

日本人的な奥ゆかしさから変に謙遜して自分を過小評価するのもやめましょう。

 

「そうですね。あなたは筆記試験に向いていないようです。もうやめにしたらどうですか?」

 

と誰かに言われたならば、烈火の如く怒りますよね?

本心で思っていないことを口にすることはやめましょう。

逆に、自分を鼓舞するつもりで妙に自信満々なのも困りものですが、いつもネガティヴな発言をしている方よりはずっとマシです。

 

自分を卑下する傾向の方には、あまり試験で良い結果が出ていません。

そもそも、自分が勝てると思ったからこそ、筆記試験での勝負を選んだはずです。

であれば、ダメアピールは不要です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆