講師の役割

資格試験の講師の役割って何でしょうか?

 

時に伴走者に近い役割などと言われることがあります。

24時間テレビのマラソンで、チャリティーランナーの側でペースを守りながら走っておられる方を見ます。

休憩所では体調状態を確認して、アドバイスを送る。

こうしたイメージです。

ランナーの走るルートを先導する白バイの役割とは違います。

 

しかし、もっと厳密に言えば、伴走者とも少し違うと私は考えています。

講師はマンツーマンで合格までの伴走をするわけではないからです。

 

講義を聞いただけで学習した気持ちになっていませんか?

購入ボタンをクリックしただけでちょっと安心していませんか?

走るのはランナー自身です。

 

私はいつも

「自分の存在をうまく利用し、使い捨てにしてください」

と思って講義や発信をしています。

 

「無論、そのつもりだよ」

と思っていらっしゃる方はOKです。

 

伴走者というよりは専用のシューズですね。

私はそれが講師だと思います。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆