焦りは定期的にリセットする

社労士試験の出題科目は全て法律です。

一部に労働統計など少し毛色の違う出題内容もありますが、基本的には科目が変わっても同一系統の学習が続くことになります。

そして、それが何か月も続きます。

 

これではさすがに内容に飽きてきたり、学習のテンションが落ちてきたりしても当然です。

 

ですので、長期継続的に学習を続けていくためには、意識的に自らをリセットする必要があります。

その手段の最たるものが、学習に休日を設けることです。

 

ただし、リセットですから週に1日だけです。

気分のままにではなく、定期的に決まった日だけを休日にすることをお勧めします。

 

私の場合は、毎週土曜日だけは基本的に学習をしないと決めていました。

本試験の前日を除いて、8日前の土曜日でもそうしていました。

学習はいつも遅れていましたが、それでも休日を優先させました。

 

これから時間がないと焦るときほど丸1日の休みをとりましょう。

その焦りもリセットされますよ。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆