資格受験にかかる費用

以前、高校卒業後に1年間自宅浪人をしていたと書きました。

これ、実は「予備校に通う学費の負担を親にかけたくない。高校時代の教材と市販書で安価に済ませられるはず。」と考えた自身の選択でした。

 

で、結果はというと…これが逆に親にその後の莫大な負担をかけることとなりました。

自らを律するというのは難しいものです。

当時の私には【時間を金で買う】【投下資本を後で回収する】という考え方がありませんでした。

 

資格試験はどうでしょう?

昨今の事情を鑑みると、ここにまとまった資本を投じることには躊躇があります。

 

私の場合は浪人時代の失敗がありましたので、迷わず課金しました。

結果として短期合格ができたと思います。

 

費用がなくて…という方にビジネス抜きで申し上げます。

その費用を合格後に資格手当や副業、教材の売却で回収するといったビジョンを持ってみてはいかがしょうか?

あとは、あなたが自分自身の可能性に投資できるかどうかです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆