「惜しかった」方の人数

労基/安衛2点 10,235人(30.1%)
労一1点 9,758人(28.7%)
社一1点 8,110人(23.8%)
健保1点 7,312人(21.5%)

 

これは厚生労働省HPの選択式試験の得点状況表からのデータで、今年の基準点−1点の得点層の人数と割合です。

この中には「惜しくも1点の差で不合格になった」方もいらっしゃいます。

 

今年の受験者数は34,845人。

結構な割合の方がこの得点層にいます。

つまり、この得点はわりと普通に起こりうるものということです。

 

労基/安衛5点 690人(2.0%)
労一5点 762人(2.2%)
社一5点 679人(2.0%)
健保5点 1,421人(4.2%)

 

こちらはかなり人数が少ないです。

もしも、この割合の得点層が基準点−1点の層であるならば、レアケースである自分が相当に悔しいと感じられるでしょう。

そう考えると、先の「惜しくも」というのは、実はそうでないのかもしれません。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆