凡人が合格できる試験

もしも社労士試験が数万人の応募者の中からシンデレラ・ボーイ/ガールが誕生するオーディションのような競争であるならば、私は絶対に受験申し込みをしませんでした。

合格することができるのは天賦の才を持つ者のみで、それは自分のような凡人の努力の及ぶところではない。

間違いなくそう考えるからです。

 

しかし、この試験では毎年2000人以上の方が合格しています。

その中には当然に能力値の極めて高い方もいらっしゃいます。

けれども、天賦の才を与えられた人ばかりが2000人以上もいることはありません。

 

実際に合格された方を見ても、私を含めて(失礼ながら申し上げますが)多くの方は凡人で、合格の結果は継続という努力の賜物です。

その意味で、社労士試験は凡人が合格することのできる試験だと言えます。

 

ただし、凡人が努力を継続できることは平凡なことではありません。

この年末年始にも断続的にならない非凡さが凡人の合格を可能にします。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆