労働の知識を0にしない

年が明けて平常生活モードになると、これから4月ぐらいにかけては社会保険科目を学習する機会が多くなることと思います。

これは、多くの資格スクールのカリキュラムがそのようになっているからですね。

メイン科目を1つ決めてそれを順を追って進めるというカリキュラムに沿って学習すると、社保が中心となります。

 

ここで大切なことは、昨年末までに学習した労働科目に少しでも触れる時間を、たとえ社保の学習進捗の状況が芳しくない場合にも設けるということです。

トータルで考えれば、社保の学習が終わる時期が遅れることよりも、労働の知識が失われることのマイナスの方がはるかに大きいことを認識しておく必要があります。

 

ここで宣伝するのもどうかとは思いますが、私が主宰している HIGH HOPES では今日から労働科目のコンテンツ配信を行います。

復習の要領を得ない方には、1か月だけでも試してみることを1つの方法としてお勧めします。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆