模擬試験についての考え方④

模擬試験は何回受験するのが良いのでしょうか?

これまでにお話ししてきたことから考えれば2回、多くとも3回も受験すれば十分だと私は考えています。

それ以上の受験は、直前期に時間を取られすぎるという意味でお勧めできません。

 

受験生の中には本試験での「的中」に期待し、他の受験生に遅れをとってはマズいと考えて数多く受験する方もいます。

しかし、そのことが功を奏して合格したという方がどれだけいるでしょうか?

 

「的中」する問題というのは、模試を受験していなくとも通常の学習で目にしている内容です。

昨年の労一の選択式は統計の名称ばかりを問う問題でしたが、この出題を「的中」させているようであれば、確かに模試を数多く受験する意義はあります。

 

各受験機関が設定した回数以上に模試受験が必要であるならば、それはその受験機関が合格に必要な全てを提供できていないことになりますね。

受験回数については、この点も考えてみてください。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆