資格受験生に非のない話

一昔前の話になりますが、カルチャー教室としての某資格受験講座が某所で開催されていました。

その教室の受講生だった方に聞くと、講師は資格を保有する実務家で、科目ごとに講義を担当する講師が分かれているとのことでした。

 

使用教材を見せてもらい、各科目の講義時間や回数、カリキュラムなどについて聞きましたが、まさにカルチャー教室といった内容でした。

申し訳ないけれども、これでは趣味や自己啓発、生涯学習としての学習にはなっても、合格することは難しいだろうと思わざるをえませんでした。

 

「実務でも活躍する有資格者から教わることができる」

ことがウリだったようですが、どう考えてもアルバイト感覚で講師を引き受けているとしか思えないような態様も耳にしました。

 

これは、それと気づき得ない受講生の方だけに気の毒な話です。

その後、その教室は姿を消したようです。

 

資格試験の世界にも真贋が入り混じっています。

気をつけてください。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆