やれるかやれないかの話

「合格するためにはどのようなことをしたら良いでしょうか?」

という質問に対し、

「それでは、この教材をこの程度まで学習してください。」

と回答した場合の、質問者の方のその後。

 

これは実にバラバラです。

「やってみます。」

として実際に実行できる方は、そう多くありません。

 

「そこまではさすがに…」

「それはちょっと時間的に…」

などとして、回答を得ただけに終わる場合が多いです。

 

回答をする側としては、合格に必要と思われることを一切の誇張なくお伝えしています。

あくまでも最短ラインとしての分量です。

 

ですので、いかなる理由があろうともそれが

「できません」

となると、合格を目指すことは無理難題になります。

 

合格率が7%を切っている試験の現状というのは、助言を得て実践できる方が少ないことの表れでもあります。

いかに楽しい気持ちになる教材や講義であっても、吸収し尽くす気持ちと努力がないならば、その楽しさは来年も続きます。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆