模擬試験についての考え方②

模擬試験の受験に関して、私には大きく分けて2つの思いがあります。

 

1つは

【これを1度も受験しないまま本試験を受けても失敗する公算が高いだろう】

という思い。

 

そして、もう1つは

【本試験の超直前期に模試受験とその復習に多くの時間をとられるのは嫌だな】

という思いです。

 

受験はした方がよい。

けれども、受けすぎないように。

復習時間は極力短時間で。

ということですね。

 

模試を受験することのメリットは多々ありますが、初見の大量の問題を長時間連続して早解きするという経験を本番前に積んでおくこと。

ここに大きなメリットがあります。

 

現在の試験にぶっつけ本番で臨むと、まず時間配分や解答の要領で失敗します。

 

会場受験でも自宅受験でも、市販の模試本でも結構です。

ここで「うまくいかない経験」をして、その反省を活かして本試験での時間配分と解答の要領に成功する。

 

模試受験はこの点に価値があります。

得点などは二の次三の次です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆