付和雷同【ふわらいどう】

俗に難関と呼ばれる国家試験に合格するための方法というものは1つではありません。

それは当然です。

各人によって置かれた環境が異なり、性格も能力も異なるのですから。

合格するためのベストの方法は各人で異なり、その方法が見つかったときこそが合格するときだと言えます。

 

学習を開始する前にこれがわかれば苦労はしないのですが、試行錯誤の中で自分に合う方法が選ばれていきます。

やはり唯一の方法というものがないからです。

合格マニュアルで提示する方法論もまた、より多くの人に当てはまる最大公約数的な方法論にすぎません。

 

大切なことは2つです。

ここで示すやってはいけないことをしないこと。

そして、新たなことに取り組むことを恐れないことです。

 

私は模試を受験せず解説を読むだけに留める、最低限の教材以外は捨てるということをして合格しましたが、誰にでも当てはまる方法ではありませんよね?

受験学習では付和雷同する必要はないのです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆