扇動的なタイトル

大型の書店に行く機会があったので、社労士受験本のコーナーを見てきました。

今の時期になると、今年度受験用のかなりの教材が揃っています。

 

1つ1つを手にとって見比べてみました。

いつもながら、出題範囲の網羅性と情報のまとまり、着眼点に感心させられます。

 

と同時に、分量が多いな〜とも感じます。

使い方によっては、かなりの学習時間を要することとなるものが多いですね。

これらを新たに使用教材に加える場合には注意が必要です。

 

情報量が多くなると本試験問題のカバー率は上がりますが、学習のスピードは遅くなり、反復のスパンが長くなります。

個人的には、各科目のテキストがあれば、その記載内容が重複する各教材のページ数は今刊行されているものの半分以下で良いと考えています。

 

ただ、これらを基本テキストとする受験生もいることから、一概に情報量の多さを否定するものではありません。

タイトルだけを見て手を出さないことが大切です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆