時間切れにならないために

合格するための必須要件の1つに、試験時間内に与えられた問題の全てに目を通すことがあります。

このことができずに時間切れとなる受験者が、毎年かなり多く見受けられます。

試験までの残り2か月間で、模試受験などを通じてこの課題をクリアできるようにならなければいけません。

 

時間切れとなる原因は、文章を読むスピードが遅いだけではありません。

過去問レベルの知識を問う問題や肢に即応できないことが、まず原因の1つに挙げられます。

判断に時間がかかりすぎているのですね。

 

また、全てを読んで理解しようとしすぎることも原因の1つです。

初見の記述内容、合否に影響の少ない個数問題、長文選択肢の中の飾りの記述部分。

こうしたものでは、斜め読みで適当にマークし、次に進むという対処が要求されます。

問題文の全てを同等の比重で読もうとすると、時間切れを起こしやすくなります。

 

問題を解く速さは、記憶の正確さと取捨選択の要領で決まるのです。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆