合格に対する思いの違い

連日オリンピックの熱戦が続いていますね。

日本人選手の大活躍に加えて、それを報じる怒涛の情報量といったら…

開会式の直前まで「こんな状況で本当にやるの?」といった風潮であったのが嘘のようです。

受験生の方の中にも、思っていた以上にテレビの前でのめり込んで見てしまっているという方が多いのではないでしょうか?

 

この点は受験生の間でも違いのある部分で、私は受験対策上でも重要なファクターになってくると思っています。

オリンピック中継を見ている時間が不合格に繋がると言っているのではありませんよ。

時間の面ではなく、気持ちが寸断されてしまうことが問題なのです。

 

今の時期は、一見して無理だと思える分量を無理やりにでも詰め込んで暗記すべき時期です。

ここに、仕事等以外の事情の横槍が入ることは、少なくとも超直前期のあり方としてはマイナスです。

合格への思いの違いが自分の時間の過ごし方の違いに表れるのが今の時期です。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆