年間の学習イメージ

試験対策の終盤、直前期に入ってからの学習をイメージして今の時期の学習を考える必要があります。

 

8月に入ってからの最終盤では不明瞭な知識を明瞭なものに変える基本事項の確認が中心になります。

基本事項とは、テキストの過去出題箇所の太字・色文字と考えればわかりやすいでしょう。

問題はその前の時期です。

 

7月下旬までに模試などで初見の問題を時間を測って解くという実戦訓練をしておく必要があります。

最終的に本試験で要求される力がここでの力です。

初見の文章を読んで内容を理解し、そこに既存の知識を当てはめて正誤判定をする力。

この当てはめ力の違いが得点を大きく分けます。

 

そして、ここで当てはめる10科目の知識ツールを身につける時期が、今からの長〜い時期です。

 

本試験で用いる当てはめツールを広く調達して、試行し、整えておく。

どの段階が欠けても不十分です。

だから時間がかかります。

合格予定者の今は直前期と同等に重要です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆